古川柳「死水を嫁に・・・」

親戚のおばあちゃんが庭で足を骨折して救急車で入院。

すぐに手術をして、リハビリが始まりました。

ところが、本人はまったくリハビリをやりたくない!ということでやる気がゼロ。

ついに、歩くのはあきらめて車いす生活になってしまいました。

本人の口癖は「こんなになっちゃって。早くお迎えが来てほしい」

息子さん夫婦と一緒に住んでいたのですが、病院に入院してからはお正月も家には帰らなかったようです。

お嫁さんとの仲があまりよろしくないという、よく世間にある関係性で、息子さんは病院にたまに顔を見に行くくらいで、お嫁さんに至っては全く知らん顔だとか。

もう96歳になるおばあちゃんですが、頭はしっかりしていて親戚が会いに行くとちゃんとわかっています。パルクレール美容液でニキビ跡が消えた

漢字を使う人が減っている

この頃、TVのクイズ番組で高学歴芸人が出演するものを多くやっているようですが、その番組のなかで漢字の問題が出ていて、すべて回答できる人はいるのですが、かなりの人が答えらえない問題も多いように感じることがあります。

最近は、新聞・雑誌・放送でも漢字をあまり使っていなようです。そのかわり何語かわからないカタカナ語が増えているように感じます。昔から使っていた漢字をあまり見かけないし、聞くこともなくなっているようです。そのためか高学歴芸人といえども、漢字を読めなくなって来ているのではと思います。

漢字だと辞書で調べる事が出来ますが、カタカナ語だと何語だかわからないので調べようがありません。また、昔から日本では漢字を使っていたので、なるべく漢字を使ってもらいたいと思ったのです。ティモティアお試しサイト